北精診と関連団体のリンク

名称 URL
公益社団法人
日本精神神経科診療所協会
http://www.japc.or.jp/
公益社団法人
日本精神神経学会
http://www.jspn.or.jp/
北海道立精神保健福祉センター http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hf/sfc/
札幌市
心に病のある方へ
http://www.city.sapporo.jp/shogaifukushi/guide/kokoro.html
札幌こころのセンター
(札幌市精神保健福祉センター)
http://www.city.sapporo.jp/eisei/gyomu/seisin/
公益財団法人
北海道
精神保健推進協会
こころのリカバリー
総合支援センター
http://www.kokoro-recovery.org/
公益社団法人
日本精神科病院協会
http://www.nisseikyo.or.jp/
一般社団法人
日本精神科看護協会
http://www.jpna.jp/
公益社団法人
日本精神保健福祉士協会
http://www.japsw.or.jp/index.htm
一般社団法人
日本心理臨床学会
https://www.ajcp.info/
公認心理士(国家資格)について(厚労省) http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000116049.html
日本精神障害者リハビリテーション学会 http://japr.jp/wp/
特定非営利活動法人精神科作業療法協会 http://www.pota.jp/
北海道精神保健協会 http://renraku-k.jp/todoufukenn/h2728/01hokkaido.pdf
公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと https://seishinhoken.jp/
公益社団法人 全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)とは、精神に障がいのある方の家族が結成した団体です。
社団法人
北海道
精神障害者家族連合会
(ほっかれん)
http://www.hokkaren.com/index.html
NPO法人
札幌市
精神障害者家族連合会:札家連
(さっかれん)
電話:
011-596-8887
http://www.sakkaren.com/
先日、さっかれんの会長様とお会いしました。
「心の病を抱えた患者様の御家族の相談をお受けする、支える」との事です。
お悩みがある札幌市内医療機関に通院中の患者様の御家族は左記番号まで御電話してみて下さい。札幌むつみ会という さっかれんの例会案内も掲載しています。
独立行政法人 労働者健康安全機構
北海道産業保健総合推進センター
http://www.hokkaidos.johas.go.jp/
一般社団法人 日本精神科
産業医協会
http://www.jaohp.or.jp/
札幌地域産業保健センター http://www.sapporo-sanpo.com/
他の道内の地域産業保健センターは下記(北海道医師会)参照して下さい。
http://www.hokkaido.med.or.jp/hokkaido/all.html
地域産業保健センターとは「労働者50人未満の(産業医選任義務のない)小規模事業場(職場)」が相談できるところです。メンタルヘルスに関する相談もできます。経緯は 労働者の医師による健康管理を行うため、1989年に地区労働衛生相談医制度モデル事業が開始し、1993年度には、このモデル事業を発展的に解消し、「地域産業保健センター事業」として実施されたものです。
社会福祉法人北海道
いのちの電話
電話番号:
011-231-4343


0570-783-556

0120-783-556
http://www.inochi-tel.com/
札幌市精神科救急情報センター
相談専用電話番号:
011-204-6010
月~金曜日:17時00分~翌朝9時00分)
土・日、祝・休日:9時00分~翌朝9時00分
(年末年始を含む)
http://www.4894.city.sapporo.jp/cgi-bin/isDetail2.asp?sURL=file://FAQ/Daily/42309.xml

北海道は札幌市以外は地域で精神科救急の体制が違います。精神科診療所の救急に対する役割も違います。
札幌市の精神科診療所(精神科病院は当直医がいますが、病院によって対応が違う可能性があります。精神科病院通院中の患者様も左記時間帯にこの電話にかけることは問題ありませんが、まずは かかりつけ病院にお問い合わせ下さい。)通院中の患者様は左記時間帯は、この番号に御電話して下さい(17時以降でも、かかりつけ診療所が診療している時間には かかりつけ診療所へ御電話して下さい。その場合でも相談内容によっては左記番号にかけるように指示される場合もあり得ます)。